「『食都神戸』構想における中国への展開推進説明会」講演

>

2015年6月30日、神戸市役所にて「『食都神戸』構想における中国への展開推進説明会」の講演を行いました。

神戸市様は、神戸ブランドの食品を海外に広げていくために、本年度から新たに『食都神戸』構想に取り組んでいらっしゃいます。
その一環として、神戸の代表的なブランドとして有名なスイーツについて、上海をはじめとする中国で展開させることに関心のある事業者の皆様方を対象に、 「『食都神戸』構想における中国への展開推進説明会」を開催されました。

当社は、「中国への食品輸出とEコマースを活用した新たな取り組み」と題して、上海における食品小売りの現状と今後の越境ECとの組み合わせによる新たな流通網に関して講演致しました。
講演アジェンダは下記の通りです。

1.上海における輸入食料品の現状
マスデータというより、売り場からの視点で
実際の店舗データなどを共有
『上海で売れる日本食品の特徴は?』
『食品メーカー様の取組み成功事例』

2.中国における越境ECの現状
Eコマースの爆発的な普及
越境ECに関する中国政府および地方都市の動き

3.日本から中国への越境ECを行うための基礎知識
販売手法に関して
天猫国際・淘宝での販売
上海市政府および中国税関が進める越境EC制度「跨境通(KJT)」とは

4.事例
跨境通(KJT)を活用した越境ECのO2O施策

5.まとめ
正規通関と越境ECの違いと取り組み方

今後、神戸市様主導の下、神戸企業様の中国進出が加速していくと思われます。
当社も、最大限のお手伝いをさせて頂き、多くの企業様の発展に貢献してまいります。

/* Start 2016/10/07 Add Google Analitics tracking code -- mizokoshi */ /* End 2016/10/07 Add Google Analitics tracking code -- mizokoshi */