「イーコマースEXPO2016東京」で講演を行いました

> >

2016年2月16日、東京ビッグサイトで開催された「イーコマースEXPO2016東京」にて、『【特別講演】中国自由貿易試験区を活用したO2O越境EC ~神戸市による「神戸フードフェアin上海」事例など』と題した講演を行いました。
http://www.ecommerceexpo-japan.com/
press_20160217_講演画像3

講演内容

中国のEコマース市場は年々発展を遂げ昨年は55兆円市場にまで成長をしてきており、日本企業も越境ECとして、この巨大な市場に進出する企業が増えております。
中国越境ECで今、全世界から注目を浴びる「自由貿易試験区」を活用した越境ECスキームとは?O2O越境ECスキームとは?
神戸市の事例も交えながら、わかりやすく全体像を解説します。

アジェンダ

  1. 中国における越境ECの現状
    Eコマースの爆発的な普及
    市場変化、政府施策
    越境ECユーザーデータ
    越境ECに関する中国政府および地方都市の動き
  2. 日本から中国への越境ECを行うための基礎知識
    販売手法に関して
    天猫国際・淘宝での販売
    自由貿易区保税倉庫
  3. 事例
    越境EC O2O施策
    神戸フードフェアin上海
    インバウンド施策としての越境EC
  4. まとめ
    越境ECに求めるもの

講師プロフィール

小嵜秀信株式会社GL-Plazaジャパン
代表取締役
小嵜 秀信
大手流通小売業出身、その後大手流通小売企業共同出資によるEコマース会社代表取締役、Eコマースシステム会社代表取締役、大手システムパッケージベンダーによるEコマースシステム会社取締役(現顧問)を歴任。現在は上海にて高級輸入品スーパー法定代表人として事業を手掛け、日系企業としてはトップクラスに成長させる。また自由貿易区を活用した越境EC事業なども手掛け、中国国有企業との合弁事業も行う。

/* Start 2016/10/07 Add Google Analitics tracking code -- mizokoshi */ /* End 2016/10/07 Add Google Analitics tracking code -- mizokoshi */